2010年12月26日

Ex resinya アイギス フィギュア重装備Ver.

ratop.jpg
Ex resinya アイギス フィギュア重装備Ver.


発売元:コスパ《価格 16800円》
ra0-1.jpg
Ex resinya アイギス フィギュア重装備Ver.

『Ex_resinya!とは造形作家の創造性とキャラクターの魅力を高い次元で融合させた、究極のコレクション』
そのおかげで、値段もすごいことになってます。

通常版と限定版の2種類が発売され、
通常版は重装備ver.で、限定版はノーマル装備ver.と、若干ややこしい。

ra0-2.jpg
パケ裏。


ra0-3.jpg
値段も凄ければ、箱の大きさもすごい。


ra0-4.jpg
ペルソナ3に登場する、人型兵器・アイギス。
台座はアイギスのペルソナ・パラディオン。


ra0-5.jpg

ra0-6.jpg

ra0-7.jpg

ra0-8.jpg

ra0-9.jpg

ra1-0.jpg

ra1-1.jpg

ra1-2.jpg

ra1-3.jpg

ra1-4.jpg
台座のおかげで、得も言われぬ迫力があります。


ra3-2.jpg
大きさ比較。
大体ですが、幅35cm、高さ30cm、奥20cm程の大きさがあります。


ra1-5.jpg

ra1-7.jpg

ra1-8.jpg

ra1-9.jpg
顔の出来は可もなく不可もなく。


ra2-0.jpg
髪の造形もやっぱり可もなく不可もなく。


ra2-2.jpg
脇の構造を見ると、やっぱりロボットなんだなぁと言うのがよくわかる。


ra2-1.jpg
ra2-3.jpg
限定版のノーマル装備ver.と違い、ヘッドギアと防弾ベストを装備。
重装備ver.というほど重装備じゃない気がする。


ra2-4.jpg
ra2-5.jpg
指マシンガンから出る硝煙と空薬莢、そしてパージされたマガジン。

ra3-0.jpg

ra2-9.jpg

ra2-6.jpg
ra2-7.jpg
アイギス本体は足先とパラディオンのスピア(?)が交差した一点で固定されています。


ra3-1.jpg
台座のパラディオン。

ra3-3.jpg

ra3-4.jpg

ra3-5.jpg

ra3-6.jpg

ra3-7.jpg
顔や胸部が巨大な槍の周りに漂う不思議なデザイン。


ra3-8.jpg


ra3-9.jpg
袖から覗く青い手がかなり不気味。


ra4-0.jpg

ra4-1.jpg


以下、figmaと絡めてみる。
ra4-2.jpg
実際のパラディオンはきっとこんなにデカくはないんだろうな。

ra4-3.jpg

ra4-5.jpg

ra4-7.jpg

ra4-9.jpg

ra5-0.jpg

ra5-1.jpg

ra5-2.jpg

ra5-5.jpg

ra5-6.jpg

ra5-7.jpg

ra5-8.jpg

ra5-4.jpg

ra5-9.jpg

ra6-0.jpg

ra9-9.jpg
以上、Ex resinya アイギス フィギュア重装備Ver.でした。

定価はバカ高いですが、在庫が余ってるのか半額以下で買えました。
もしかすると来年の福袋辺りに紛れ込んでる可能性も・・・



posted by 忌憑 at 21:41 | Comment(2) | 闇芥・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ、ノーコメ・・・。

ペルソナはとてもめんどくさそうなシステムなのでやったことありませんねぇ。
キャラやストーリーに興味はあるのですけどね。でも、ペルソナって本人の分身とかじゃありませんでした?
機械のアイギスが使えるってなんか納得いきませんけど。

Figmaと絡ませたほうがパラディオンの迫力が増していいですね^^
このぐらい大きさに差があったほうが画になると思います。これだけデカいとメティスに勝ち目なさそうですけどね。
でも、たしかに“重装備”というには軽装ですよね^^; ヘッドギアとベストだけって・・・。
けどアイギスのお尻はナイスです(`・ω・´)

話は変わりますが、来年発売予定の「キャサリン」ってゲーム、面白そうです。
なんといいますか、設定がとても興味を引きました。
アトラス製作つながりってことでご紹介いたしました〜。
Posted by Blue Apple at 2010年12月28日 15:33
私もwikiで設定を眺めたぐらいなんで、詳しいことはわかりませんが、
アイギスはペルソナが扱えるように、「心」を持たせたロボット少女なのだそうです。
身体は機械でも「心」があればペルソナは発動できるみたいですね。

フルーアーマーガンダムとかを見ると、重装備というからには全身に装備を張り巡らせて欲しいですよね。
しかし、アイギスはfigmaでのデザインしか知らなかったので、脇があんな構造になっているとは思わず、見たときちょっとショックでした。
あんなにメカメカしてるとは・・・


キャサリンはアドベンチャーゲームですよね^^私もファミ通の記事でチェックしてました。
Posted by 忌憑 at 2010年12月28日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。